角度を変えてアプローチ

男女とも40過ぎの独身者が増えています。
結婚できるでしょうか?統計はありません。
ただ一つだけ言えることは、何もしなければ何も起こりません。
諦めてしまったら、それで終わりです。男女とも40過ぎて独身の方はたくさんいます。
しかし双方とも、たぶん若い方を望んでいます。
男性の場合自分は45なのに、女性には30台を求めます。あながちわからなくもありません。
子供が欲しいからです。
高齢出産は何かとリスクがあります。だからこそ30代ならばという思いがあるのも確かです。
女性の場合はどうでしょう。
45を過ぎたら、結論として出産はあきらめた方がいいです。出産しなくてもいいよという男性を狙うしかないのです。
現実なところ、自分より高齢の独身男性にするか、不幸にもパートナーをなくされた方の後妻になるか、どちらか選択すべきなのでしょうけれども、一人での生活を選択されている方が多いようです。

モテない人というのはリスクも犯さず何もしない人、それがもっともモテない人です。
そのまま一生独身でいますか?

【結婚はいいですよ】
40を過ぎればいやがうえにもこのまま独身でいるか、結婚を望むか選択しなければいけません。
迷って時間が過ぎていけば、結局独身を選択せざるを得ません。

独身者に言っておきます。「結婚っていいですよ」
最初は育った環境も違うし、お互いそれなりの生活環境ペース、思想、アイデンティティがぶつかります。
でもそれを乗り越えられたら、悪くないですよ。

結婚か独身かの選択というのは結局、「寂しさからの解放」か「煩わしさの排除か」になるかと思います。
つまり、結婚すれば寂しさからは解放されるけれど煩わしさが伴います。
独身のままでいれば、煩わしさはないけれど寂しさはあります。
どちらかを選択するということですよね。
そして多くの人は、たぶん「あきらめ」から何も行動せず独身を選択せざるを得ない状況、というのが本当のところだと思います。

【男と女の違い セックスする前と後】
若いころは、自分のタイプの子がいるとその子ばかりに目が行ってしまいがちです。
この、ブログでは再三「もてるためには友だち作戦」「すぐ口説いてはいけない」とアドバイスしているけれども聞く耳を持てないのは、オス特有の身体が反応しているのです。
ここらあたりになってくると、もはや動物としての本能です。オスはセックスしたいのです。メスは身を守りたいのです。
そこを理性でコントロールしているのが現状です。

女性の場合は、いろいろなことを積み重ねることによってさらに好きになっていきます。セックスも同じです。
セックスの回数が増えれば
愛情も増していきます。

男の場合は、得てして違う場合があります。
セックスするまでは
がむしゃらに好きになっていくのに、セックスし終わったら冷静になるのです。
おもしろいもので、今まであんなに好きだったのにセックスの後冷める場合もあります。
その一つに、やはり女は寝てみないとわからないというのが一点あげられます。
エッチしてみると、女性の本能がわかります。するとお互い身体がフィットしているかがわかるのです。
若いころは多分、エッチできればいいのかもしれませんがそれなりの年齢になると、マッチングしているかどうかはエッチしてみないとわからないのです。
そして、外見や第一印象ではあんなに好きで燃え上がったのにエッチしてみると急に冷めるという現象があるのです。
その反対に、身体が求めたので仕方なく外見や第一印象では良くなかった女性と寝てみたら、実はエッチの相性は抜群だったということもあるのです。

【提案 角度を変えてアプローチしてみたら?】
カッコいい男性に、普通の女性美人にブサイクな男 そういう組み合わせはよく見かけます。
それらのカップルは、動物としての本能がむすびつけたものです。
つまりお互いのエッチがマッチングしていたのです。

そういった意味で、全然別の角度からなのですが、独身男性は、結婚相手を探す前にセックスフレンドを探す方を優先した方がいいかもしれません。
つまり、エッチさせてくれそうな女性をまず探すのです。そういう視点で見渡してみると、自分の好みは排除されていきます。

すると、あ、この子ネクラぽいけどこういう子の方がエッチ好きそうとか、年増で男日照りのようなお局のような方とか、考えてみればエッチはできそうな方が多くいる気がしませんか?
そういう方と、まず知り合ってSFとしてキープしておく。すると男は、余裕が出ます。
その余裕が新しい出会いをもたらすそんな気がしませんか?

ただし、パルム結婚相談所は結婚を前提としているところですので出会い系サイトとは厳格に区別してください。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です