彼氏がいるからと言ってあきらめる必要はない

【彼氏持ちの方が最終的には口説ける確率は高い】
合コンする女性は、彼氏がいないわけではありません。だから一応気に入った子には確認するのです。「彼氏いるの?」
そして、「いる」と言われるとそうかと諦めてしまってました。今から考えると非常にもったいなかったのです。

それは偶然のことだったのです。
合コンで知り合って、本命ではないし彼氏もいるということで意識しなかったのです。
その子は、共通の趣味 テニス をしていました。
だから、その子とテニスのことどんなテニスプレーヤーが好きか?なぜ好きか?あなたはどんなプレースタイル?
そんなことをふつうに話していたと思います。
じゃあ今度テニスしようということになって、その子の仲間と私たちの仲間でテニスすることになりました。
その子とは偶然、住んでいるところが同じ方向だったためにいっしょの電車で帰ることが多くなりました。
「彼氏とはうまくいってる?」などと話せる中にすぐなりました。
すると、理工系でリポート提出等で忙しいということで「会えない」といつも不満を言っていました。
そうこうするうちに次第に「飯でも食おうか」と最寄駅の近くでマクドナルドに行ったり、牛丼にしたり、そのあとお茶飲んだりたわいのない話を咲かせていました。

ある時彼女はすごく落ち込んでいました。どうも「彼とうまくいかなくなった」らしい。
忙しい彼氏に、お弁当作ったり電話したりしているのだが彼氏が喜んでくれないどころか、疎ましく思われているというのだ。
それ以降、ひんぱんに私に相談するようになってきた。
私は聞き役。
「そうか、でも理工系はレポート提出厳守だから大変なんだよ」
「彼だって悪気があるわけじゃないし、今頑張っているんだからもうすこしまってあげなよ」
「就職のこともあるんだから、ちょっとおとなしくしていたら」といった心からの励ましをしてあげた。

その日はその子から居酒屋に行きたいと言ってきた。
お酒が飲みたい気分なのだそうだ。
最初は何気なくはしゃいでいたけど、「実は別れたの」というではないか。
「どうして」
「彼、実は別の人と付き合ってた」
「そうかあ」
若いころにはよくあるパターン
「じゃあ今日はじゃんじゃん飲んで忘れろ」と無意識に彼女を飲ませて店を後にした。
店を出ると彼女はふらついているので、肩を抱いてあげた。
こちらにもたれかかってくる。
その時、このままホテルに行けるんじゃないかと気づいた。
「休憩しようか?」
自分でもダサいなと思ったけれど勇気を出して言ってみた。
彼女は何も言わないけど、コクッと頷いた。

その子とはその後何度か、エッチする関係になった。
しかし、お互い本命でないことは明らかだった。
お互い就職活動で忙しくなると関係は途絶えた。

ただ、ここでなぜ彼女をゲットできたのかを考えなければいけなかった。それさえ分かっていれば、モテない時代が短く済んだはずだった。
後年になって気づいた。なぜうまくいったのか?

1.本命でないのでガツガツしていなかった。
2.共通の趣味があった→話す材料が豊富
3.気取ることもなく、素の自分を出せたし彼女も素の自分を出していた。
4.お互いプライベートな話もよくしていた→つまり心を開いていた。
5.よく会っていた(また、連絡することも多かった)

思い当たるだけでこれだけあった。

意識することなく、恋愛話を聞くということは感情を込めた会話をしていることになっているし、それを聞ける特別な存在になっていたのだ。
女性の話を本当に聞いてあげて、アドバイスなんかはしない聞くことにいつの間にか徹していたのだ。
あとはタイミング、これも接する時間が長かったからわかったことだ。

□感情を込めた会話
□相手にとって特別な存在
□タイミング

無意識に、もてる男がとっている行動がとれていたのだ。

彼氏がいるということであきらめるのではなく逆にそれなら落とせると思うようになるまでは、しばらくの時間がかかった。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください