母親がネック!

多くの母親は、娘のことを心配して

「女は子供を産んで育てなければいけないのだから、経済力や将来性がある男じゃないとダメよ」

と口癖のように言っていることでしょう。

せっかく男性を紹介したのに「年収がどうとか、出身大学だどうだとか、会社がどうだとか」と母親に反対され、母に喜んでもらいたいから折角お付き合いをしていた男性をあきらめたという方も中にはおられることでしょう。

そこで我々仲人が登場するわけですが、その前に母親の反対を乗り越える3か条を伝授します。

① 母親の条件に会わない彼を責めないこと

② 彼が母に「一生幸せにします」と責任感を主張すること

③ 交際を申し込まれたら、お互いの親の援助について彼と話しあうこと

①については、年収や学歴のことでしょうがそれは女性であるあなたがカバーしてあげてください。

②をするためにも、ぜひ彼とお母様が会う機会を持ってみてください。

③は、お母様の生活基盤です。中には娘の収入を当てにしている方もおられますから「仕送り」する旨をちゃんと彼にも了解を得て伝えておいてみてください。

お父様とお母様が仲良く年金で十分な生活基盤があるご家庭ならばあまりそれは問題がないかもしれません。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください